今こそ「ひとつ」のビジョンを!

 去る8月9日の産経新聞の淡路版の今できることのコーナーに、社団法人淡路青年会議所の大畑一也さんの文章が掲載されていました。

 今こそ「ひとつ」のビジョンを、とのタイトルで淡路島の現状と未来予想を分析して如何に取り組むべきかを論じています。

 内容を要約すると、現在、約14万2千の人口が2050年には約7万と半分になると予想されている。また登記上の人口は14万2千だが実際の在住人口は11万人程度といわれ、2050年を待たに人口が半減する可能性がある。

 また淡路島のGDPは平成20年で4600億円規模が、2025年には3800億円、2040年には2800億円規模となり、経済規模も人口減少に伴って半減する予想である。

 このような課題は全国共通で淡路島に限ったことではないが、各地域が発展的な地域となるために努力する中、淡路島も他地域を意識した取組が必要である。

 人口とGDPと労働環境はそれぞれ独立しているのではなく、それぞれが繋がっている。また労働の場は単に「働く」だけでない。若い人の多くは自分の理想の仕事や夢や願望をかなえるために島外に出ていくことも無視できないと思う。

 淡路島が今後も発展していくには、長期的なビジョン「どのような淡路島を目指すのか」の指針が必要です。各市、各団体、島民がバラバラの方針で散発的な行動をしている現在のような状況では、淡路島のまとまりはなく、多くの可能性を内包する淡路島を発展に向けて動かすことは困難です。

 他の地域より特異性を持ち、競争力を持った地域にどうするのか。そんな「淡路島のグランドデザイン」を示し、今後の淡路島を考えた具体的なまちづくりを行うことが必要です。

 さまざまな垣根を越えて「淡路島をひとつ」としてとらえて、長期ビジョンとトータルコーディネートを行っていかなければならないと考えています。未来の淡路島のために!

 以上の大畑一也さんの考えを拝読し、まさにその通りと実感しています。 淡路島の三市が自分の市だけの範囲で考えるのではなく、淡路島全体の未来を見据えた施策が必要だと考えます。

 それぞれ3市の未来を考える事は、淡路島の未来を考える事だと思います。私も洲本市議の立場で、「淡路島をひとつ」に向けて活動していきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年09月18日 01:31
淡路島自身の特異性を持ち色んな面で、他の島外の方々と競争心持ち、また島外へ出て行かれた方々が、淡路島に帰省されて来る、また、これからの若者達が島内、島外の方々にかかわらず淡路島で生涯を送るそんな活力有る島に成れば嬉しい限りです。
haruki
2011年09月18日 18:55
風さんコメントありがとう。島の中だけで物事を見ていると、本当の島の良さに気づかないように思えます。
 いったん淡路島を出た若者が、多くの仲間を連れて淡路島に帰ってくる。そんな淡路島になるように淡路島を創造していきましょう。