天使の歌声!

 10月10日 第31回 モラロジー生涯学習セミナー「心新たに生きる」をテーマに開催され参加させていただきました。

 第1章 品性の向上と最高道徳  私たちの人生を方向づけるものは、自分自身の心づかいと行動です。生きがいのある人生を築くには、学力や体力、技能や経済力なども必要ですが、もっとも大切なものは、それらの能力を正しく使いこなす「品性」です。
 この品性をつちかい高めていくには、孔子や釈迦、キリストなど世界諸聖人が示した質の高い道徳の実行が必要であることを学びます。

 第2章 利己心を克服し慈悲の心を育てる  私たちの人生にはさまざまな問題がおこりますが、とくに人間関係のトラブル尽きることがありません。その問題の根幹に自己中心的な「利己心」の存在があります。利己心は自分も人も苦しめ、社会を暮らしにくくしています。この利己心を弱め、思いやりの心を大きくしていくことが大切であることを学びます。
 その思いやりの心を深め、自然のはたらきや聖人の教えに学んで公平無私な「慈悲の心」を育てていく中に、生きる喜びが増えていきます。  

 第3章 感謝の心で生きる1  私たちは、自然や社会などからさまざまな恩恵や援助を受けて、生かされて生きています。私たちの生活を根幹から支えている大きな恩恵(生活の基盤)があります。しかし普段、それに気づくことも意識することもあまりないように思われます。
 私たちにとって一番身近な存在である「いのちを育てるもの」の重要性について学び、その存在について考えます。

 第4章 感謝の心で生きる2 日々新たに  私たちは、社会や国の安定がなければ平和な生活を営むことができません。また、私たちの心を正しく導いてくれる存在がなければ、人間としての正しい生き方はできません。そのような「社会生活を支えるもの」 「精神生活を支えるもの」の存在とはたらきに気づき、その恩恵に感謝して、少しでも報いようとする精神的な心づかいと行動が、真に生きがいのある人生を切り開きます。

 以上の学習内容を社会教育講師、お二人の先生にご講義いただきました。

 お昼の休憩時間にアトラクションでケルト・ハープ奏者の中井麻呼さんによる演奏と歌がありました。
画像

 彼女の演奏と歌は聞いている人の心にしみ込んでいくようです。天使の歌声のようでした。
 麻呼さんは10月30日(日)に洲本市千草乙210 で開催される里山竹林コンサートにも出演されます。
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

青空
2011年10月14日 23:37
最近、私が感じたこと。それは、今まで深く実感して分からなかった事ですが、今まで生まれてからそして、今から出会う人に対して、takeばかりじゃなく、give!give!で思いやりの精神を持ち、見返りを求めないことです 。相手楽だし、自分自身も楽になるからです。それと、私は、人に甘えるのが下手で、ある知人に、あなたは、どうしてもっと、自然に優しくもたれかかることが、出来ないのと言われ、その時は、その言葉は、だって今の私は、こんなに深い海の底にいる、いつ死んでも悔いがないものと思っていました。けれど、今は一変して、ある友人とのやりとりで、生きたい!生きて生まれてからそして今から出会う人に優しくありたいと、そして感謝の気持ちを持ち続けたいという気持ちに成りました。そして、私は、太陽という言葉が好きですが、あの澄みきった青空に浮かんでる、太陽に成りたいと思うようになりました。