テーマ:洲本市会議員

お互いを知ることの大切さ

 淡路島テレビジョンの行政放送で、10日に行った私の一般質問の放映がありました。  放送を見て強く印象に残ったのは。  8月に洲本市が派遣した、ロシア・サンクトペテルブルク市クロンシュタット区青年訪問団の報告を、団長である市長に求めた私の問いに。  クロンシュタット区のゴロシェコ区長が挨拶の言葉として「インターネットの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア・サンクトベルク市クロンシュタット区青年訪問団派遣の構成と意義

 10日の一般質問で洲本市が派遣したサンクトベルク市クロンシュタット区青年訪問団のメンバー構成と派遣事業の意義について聞きました。  意義として、高田屋嘉兵衛とリコルド、ゴローニンという歴史的な縁で結ばれた姉妹都市として親交を重ねて理解を深めることは洲本市にとって有意義である。  若い世代の人に異文化に触れる機会を提供し、姉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア・サンクトペテルブルク市クロンシュタット区青年訪問団の目的

 10日に洲本市議会で一般質問を行いました。  問い  今年7月3日にロシアのメドベージェフ首相が北方領土の国後島に訪問しました。それに対する日本政府の抗議のトーンが低かったためか、その後の韓国大統領の竹島への上陸へとつながったとの見方もあります。  そのような日ロ政府間が最良好の状況でないなかにおいて、今回の竹内市長を団長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月定例議会の一般質問

 7日開会の洲本市9月定例議会で一般質問を行います。  一般質問は7日と10日の二日間の予定です。  私は10人中8番目で10日(月)の午後からの予定です。  今回の質問は  1 クロンシュタット区青年訪問団派遣事業について  ・ 青年訪問団派遣の目的と意義は  ・ 訪問団の成果を問う  2 特定電気事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路島まつり!

 第65回 淡路島まつりが始まりました。  8月3日は踊り大会、洲本市の中心部を25連が参加し、私も洲本市職連に混ぜていただき踊りをたのしみました。  4日も32連が参加する踊り大会です。私は地域連のスポーツクラブ21大野連で鳴り物、大太鼓の担当で参加します。二日連続ですが体力には自信があるので楽しみです。  5日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同郷の先輩

 私と同郷で一級先輩に、大阪府議会議員(摂津市)の阿部賞久(あべたかひさ)さんがいます。  27日の18時から摂津市立コミュニティプラザにおいて、府政報告会・懇談会を開催されました。  私は同郷のよしみで、ご案内をいただき出席させていただきました。  当日は淡路島三市の三分の二の市議会議員が参加した、淡路島の未来を創る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性の力!

 7月11日 淡路地域正副議長会の主催で、淡路島の3市の市会議員を対象にした、平成24年度淡路議会議員研修会があり、(株)読売奈良ライフ 代表取締役社長 朝廣佳子氏に、ご講演いただきました。  「自分たちのまちは自分たちでつくろう」のタイトルで、朝廣さんが奈良で携わってきた主な地域づくりについてお話をしていただきました。 ●…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安全安心な町づくりとアンパンマンの正義

 7月1日 淡路島の洲本市、戎ヶ丘町内会の「夏の安全安心町づくり」集会に来賓として参加させていただきました。  この安全安心集会は、過去、町内に暴力団組事務所が存在し、平成17年から暴力団追放運動として行っているものです。  集会の次第は。  ○町内会長による現状報告。 過去に組事務所として使用していた住宅には、現在も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーキンソンの法則

 6月25日の夜に淡路島テレビジョンのケーブルテレビで放映された、私の行った一般質問の様子をチェックしました。  3問目の行財政改革の方向性と課題について、今年の4月に県から洲本市に赴任された、行革推進担当の大谷理事から答弁をいただきました。  答弁の中で、「パーキンソンの法則」という言葉を引用して、何のために行っている事業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打てば響く

 6月定例会閉会後に開催された議員協議会において、理事者からの行政報告の中に、総務部からPPS(特定電気事業者)との契約についての以下の報告がありました。  入札を実施し、洲本市本庁舎と五色中央公民館の2施設について(株)エネットと電力供給3カ年計約を交わした。  昨年の12月定例会において私は、入札による電力供給業者の選定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路島テレビジョンの洲本市議会 6月定例会放映予定

 洲本市議会 6月定例会本会議における「一般質問」のケーブルテレビ(行政放送)(112CH)が下記の実施予定です。  ●6月14日(木)開会分   6月25日(月)、27日(水)、29日(金) 午後7時00分~      7月1日(日) 正午~  ※放送時間・・・約2時間25分   1番目 岡崎 稔 議員 公明党   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過

 6月19日 淡路島に向かって進んでいた台風4号も、運よくコースを外れて大きな被害もなく良かったの一言です。  一つ違えば甚大な被害をもたらす台風ですが、はたして必要のないものなのでしょうか?  世の中のすべての現象は何らかに必要だから存在している。と考える私は、地球環境における台風の役割を調べてみました。  まず一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Labor or Work

 SASグループ・CEOのヤン・カールソン氏は次のようなたとえ話をしています。  一人の旅人がバルセロナのサグラダ・ファミリアを訪れたとき、道端で石を削っている石工に、「あなたは何をしているのですか」と尋ねたところ。 「見て分からないのか。このいまいましい石を削っているんだ、邪魔だからとっとと向こうへ行ってくれ」  旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッション!

 6月定例会に一般質問を行います。  私は8名中2番目に行います。14日(木) 13時頃からの予定です。  私の所属会派、市民みどりの会からは、3番目に山木幹事長、8番目に広田議員と3名が一般質問を行います。  市民みどりの会の方針は、淡路島を潜在能力を活かした宝の島へ!を掲げて、洲本市の問題を淡路島全体の問題と捉え。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人材とは?

 船井幸雄さんによると、会社経営で大切なことは、社員をいかに人材にするかということだそうです。  船井さんの考える人材とは、「自分の独自固有の長所を生かすことで、自分を活かし、他人を活かし、世のため、人のためになるような行動ができる人間」のことを指すそうです。  船井さんは人材づくりの方法について、幕末の思想家、吉田松陰が松…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリスマ性とポピュリズム

 「カリスマ」という言葉は宗教用語に起源があり、ハーバード大学のジョフ・ナイ教授によると、「人々の熱狂と忠誠心を鼓舞する特殊な力」であるとし。  指導者のタイプとしては、「自信家で、強い信念や活力、熱情を備え、力と成功のシンボルを操り、人々の感情に訴えて魅了する」と。人々がカリスマを待望するのは社会状況の厳しさも作用する。と解説し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マザーテレサの言葉

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格にになるから 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから 以上の言葉は、最近読んだ自己啓発冊子にマザーテレサの言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の政治的使命

5月27日に出した、私の所属する洲本市議会、市民みどりの会ニュースに掲載した私の政治的使命です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路島を潜在能力を活かした宝の島へ!

5月27日に私の所属する洲本市議会 会派 市民みどりの会のチラシを、洲本市全域に新聞折り込みしました。 個性の強い6人ですが、洲本市の問題を淡路島全体の問題と捉え、住民の意見を反映させるため市民みどりの会は活動しています。 ●太陽と風と海を利用したあわじ環境未来構想と電気を生む宝の島へ ●淡路3市が行政運営に無駄のない島へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対面同席五百生

対面同席五百生とは仏教用語で、対面して同席する者同士は、500回の前世(過去世)においてご縁があったという考え方と、500回生まれ変わってようやくご縁ができた、という考え方があるようです。 どちらにしても、貴重な人との出会いと、ご縁を尊ぶとの教えだと理解しています。 5月25日 洲本市議会報告会を、中川原連合町内会との共催で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府方針案海洋発電推進と、あわじ環境未来島構想における、洲本市五色沖洋上風力発電の可能性!

5月25日 毎日新聞の報道によると、政府は来年度以降、大規模な実証実験海域を全国の自治体から公募して、海洋発電の早期実用化に政府を挙げて乗り出す内容。25日の総合海洋政策本部で決定する。  また、24日のNHKニュースでも、潮流発電の実験施設の映像を交えて、波の力や潮の流れで発電する海洋発電開発が、海外に比べて遅れていることから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自問自答

頭が良いとは、どういうコトであろうか? 全方位に予測が付くコトであろう。 予測力を付ける為には、何をなすべきであろうか? 広範囲の知識の獲得と、適所に於ける知恵の生かし方であろう。 知恵と知識を身に付ける為には、どうすれば良いのであろうか? 教育と、家庭環境と、遺伝子であろう。 勇気とは、何であろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心豊かな成熟社会の実現をめざして

5月20日 NPO法人兵庫県腎友会淡路ブロック交流会・総会に来賓として挨拶の機会をいただきました。 兵庫県腎友会の設立趣旨書文の中に、21世紀を目前にして、わが国の保健・医療そして福祉は、社会構造の急激な変化から基本理念・制度面の大きな転換が求められています。それは「物質中心の20世紀」から「生命(いのち)を中心とする21世紀」へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死生観

 古来より日本人が持っていた美しい日本の心や言葉を取り戻し、精神的人格向上を目指した勉強会「日本の心とことばを学びあう会」に参加しました。  本日のテーマは「日本人の精神性」として、伊弉諾神宮 本名宮司様と筑波大学準教授 一二三朋子先生からご講和いただきました。  一二三先生のお話の中で、人生において死の時期に後悔をしないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般質問をおこないます

洲本市議会3月定例議会で一般質問を行います。 1・入札による電力供給業者の選定への進捗状況について 2・すもとマラソン開催へのプロセスと効果について 3・あわじ環境未来島実現への取り組みについて 今回の3問は23年度の定例議会において私が行った質問の中から、再度、検証と評価すべく選んだものです。 23年度に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議会基本条例

 2月9日 南あわじ市議会報告会を見学してきました。  司会の方が挨拶の中で、南あわじ市議会が議会基本条例を策定に向け準備を進めているとの話がありました。   私たち洲本市議会は平成22年3月から議会基本条例を施行し、議会改革に取り組んできました。  議会改革検討委員会を設置して、議会報告会を行い。 議会報編集特別委員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進化論と創造論

 2月3日 南あわじ市の議会報告会(西淡会場)を傍聴してきました。  質疑応答には数人のよく勉強されている市民の方が、レベル高い質問と要望をされていました。対する議員もよく答えていたように思いました。  今回の報告会には、南あわじ市議会広報広聴特別委員会が編集した、議会だよりを資料に行われていましたが、とてもよくできた議会報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50年後の人口

 国立社会保障・人口問題研究所が30日に公表した、「日本の将来推計人口によると、50年後には8674万人に65歳以上の方が4割を占めるそうです。  兵庫県の人口推計による淡路島の人口は、45年後には7万人と予測がでています。  世界に目を向けると、今年の3月には世界人口は70億人を超えます。  日本国の未来の社会構造を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すもと子ども議会を傍聴しました。

 子どもたちが、地域学習を通して感じたまちづくりについての疑問や提案を市長や大人に質問する機会を持つことで、社会の仕組みを知り、まちづくりへの興味を喚起し、未来の洲本市を担う人材育成の場とする。また、子どもらの斬新な市政への提案を市広報やCATVで取り上げ、夢のある新春号、新春特別番組の企画とする。  以上の趣旨で12月21日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一周遅れのトップランナー

 先日、同僚の山木議員が参加した、自己啓発の勉強会の内容を詳細に聞きました。 講師の平田 滋さんは愛知県名古屋市の出身で、前職はマーケティング・コンサルタント会社の代表取締役で、関西圏各地の活性化、地場産業振興、まちづくり等の業務に従事してきた。2009年から先祖代々の地である淡路島に居を移し、淡路市生穂賀茂神社に奉職、宮司となる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more