テーマ:日記

人事と天命

作家の五木寛之さんは著書「他力」の中で「人事を尽くして天命を待つ」を「人事を尽くすは、これ天命なり」と読み変えて表現しています。 (人事=自力)とは自分ができるおこない。(天命=他力)とは自分以外の目に見えない力。 死にもの狂いで人事をつくそうと決意し、それをやりとげる。それこそ「他力」の後押しがなければできないことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリンビールのキャラクターと龍馬

最近、読んだ本にキリンビールのキャラクターの由来について書いてありました。 龍馬が勝ちとった紀州藩から海上事故の賠償金を岩崎弥太郎が引き継ぎ、そこから三菱グループが生まれ、そのとき、キリンビール、も誕生した。 キリンビールのキャラクターは頭は龍で足は馬。つまりキリンビールのキリンは龍馬である。 現代に生きる私たちは10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会における新陳代謝

私はトライアスリートとして、また、スポーツの指導者として、社会構造または組織体系を思考する時に、トレーニングにおける身体能力の変化などに置き換えてイメージをします。 人を含めたあらゆる生命体は、たゆまなく新陳代謝を行っています。見た目のめの姿はかわりませんが時間とともに古い細胞が新しい細胞に入れ替わっています。生命を維持するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必ず笑う(ひっしょう)

私は何事があっても必ず笑う。「ひっしょう」を意識して行動しています。 今日、市民と岡本はるきの会、募集活動で北阿万地区をまわりました。 のどかで懐かしい風景に癒されます。 とても多くの方とお話をさせていただいています。 貴重なご意見をいただいています。ありがとうございます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリフィンの祈り

昨日「グリフィンの祈り」という詩を知りました。 作者不明。  アメリカのとある病院の壁に、一人のベトナム戦争の帰還兵が書きつけたものだそうです。 「グリフィンの祈り」 大きなことを成し遂げるために、 力を与えてほしい、と神に求めたのに、 謙虚を学ぶようにと、弱さを授かった。 より偉大なこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋の神社

今日は市民と「岡本はるきの会」の会員募集活動を行いました。  南あわじ市の広田地区を自転車と徒歩でまわっていると小さな神社があり、恋の森神社としるされていました。  夫婦仲が悪くなった時に二人でお参りすると、夫婦仲が良くなると書いてありました。  私も、もっと前にこの神社を知っていたら・・・ それにしても台風一過、とても良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高松サンポートトライアスロンのTシャツ

 9月8日 日曜日にNHKのど自慢に私とおんなじTシャツを着た人が出場していました。私も去年参加した、高松サンポートトライアスロンのシャツです。テレビの彼は今年も参加すると言っていました。 不思議なもので、面識の無い方でも同じ大会に参加していたと考えるだけで親近感を覚えます。  私は今年参加しませんが、ぜひ大会を楽しんでいただきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おのころ祭2013 awaji shima open air party

 9月7日(土) 18時から8日午前6時までLIVE音楽イベントが淡路島の最西端、鳴門大橋のふもと、うずしお大パノラマ公園(道に駅うずしお)で開催されました。道の駅うずしおにある陸上観潮基地みさき荘は、私が19歳から27歳まで働いていた思い出の場所です。  この戸崎は旧日本軍の要塞があった場所で、この建物(みさき荘)の下には戦後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第18回サンピック水泳大会

 9月1日 第9回南あわじ市民水泳大会兼第18サンピック水泳大会が南あわじ市のサンプールで開催されました。  サンピックは年代別競泳種目と、いかだレースや板キックレース他、事前に予告したタイムに近いタイムを競う予告タイムレース。 最後には競技出場者全員で豪華な景品がもらえる宝さがしもある、とてもユニークな水泳大会です。  私も今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたにとって一番の親孝行は。

 住友生命が行った親孝行に関する調査結果によると、「あなたにとって一番の『親孝行』は何ですか」との質問に対して。  1位 心配させない  2位 元気でいる  3位 会う  私の場合は両親はすでに他界しているので、親との過去の思い出を懐かしむことが供養であり、親があっての自分の存在に感謝することが親孝行だと考えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キケロとデモステネス

 最近読んだ本の中に古代ローマの政治家キケロと、古代ギリシアの政治家デモステネスの話がありました。  二人とも雄弁で、キケロが演説すると、聴衆は必ず総立ちで拍手喝さいし、「素晴らしい演説だ」と叫んだ。  デモステネスが演説すると、聴衆は「行進しよう」と言って、歩きだした。  つまり、「説明」と「説得」の違いであり、「理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねこがわらう。

 沖縄・慰霊の日に小一の安里有生君が自作の詩「へいわってすてきだね」を朗読した。  新聞の記事で全文を拝見しました。普通に生きていることが平和なんだと言うことが、とても伝わってきます。  こんな素敵な詩を小学校一年の男の子が作った、彼の感性に感動しています。  同じ紙面に、橋下市長が沖縄戦没者追悼式出席に沖縄県民の複雑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパームーン!

6月23日 軌道が最も地球に接近する満月、スーパームーンということで、とても楽しみにしてたのですが、曇りで見えませんでした、が。  昨夜の散歩中に前夜の月の写真を撮っていました。  スーパームーンと比べたら小さいですが、とても美しい月でした。  とても久々にブログを投稿しています。 約4ヵ月間、書けないでいました。今年の2月以来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝ち方の美学!

スポーツジャーナリストの二宮清純さんの話で、柔道の嘉納治五郎先生の言葉「自他共栄」の紹介がありました。 言葉の意味は、「相手がいるから自分がある。いちばん大事なことは相手への尊敬だ」ということです。 なるほど、奥が深い! また、日本大学医学部教授の林 成之さんは、「相手を倒して優勝する」という気持ちが強いと、違いを認め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖徳太子の憲法十七条から学ぶ

1月18日に各新聞社の協同記者取材を受けました。 取材の中で尊敬する人物はだれかと質問を受けましたが、私は実在の人物で想いつかず、突発的に聖徳太子と答えました。  聖徳太子の伝説の中に、豊聡耳(とよとみみ)と言われる、一度に10人の話を聞いて答えることができた。聖徳太子のように、多くの人の意見を聴ける人間でありたいと答えまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そのとき、何が。南海トラフ巨大地震に備えた淡路島の課題。

1月14日の神戸新聞に「そのとき、何が」のタイトルで記事が載っていました。 兵庫県最南端、南あわじ市の福良港。震度7の激震で古い木造家屋の大半が崩れ落ち、多数の住民が生き埋めになっている。 地震発生から39分後、県内で最も早い第一波襲来。その後、9メートルの津波が2・95メートルの防波堤を軽々と乗り越える。 南あわじの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煙島オムライス

 淡路島の福良にあるひらまつ食堂に、煙島オムライスなるメニューがあります。 福良湾には煙島という島があります。源平一の谷合戦で、源氏の熊谷直実に首をとられた、平敦盛の亡骸を火葬したさいに立ち昇った煙が地名の由来とされています。 煙島は形の良い島で、福良湾のアクセントになっています。 煙島をイメージしたひらまつ食堂のオム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けましておめでとうございます

平成25年元旦早朝に、南あわじ市南辺寺山(なんべいじ)山から論鶴羽山から登るご来光を拝みました。 南辺寺山頂からは南あわじ市が一望できます。 元旦の早朝、神々しいご来光に、25年巳年が希望の新時代の始まりであることを強く感じました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路島のサル社会から学ぶ!

29日の神戸新聞に淡路島モンキーセンターで餌付けされている野生のニホンザルが、来年の干支「巳」のサル文字を披露した。との記事がありました。 同センターでは現在、250匹が餌付けされており、間近で観察できる。延原利和所長が餌をまきながら歩いていると、サルたちが後ろに整然と並んだため、「文字を描けるのでは」と、カタカナの「サル」の形に餌を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームページを新たに立ち上げました。 今後のご報告などは、こちらが中心となる予定となります。 http://tetsujinokamoto.web.fc2.com/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の安全安心町づくり(暴追)集会

 11月11日 洲本市宇原の戎が丘町内会で開催された、秋の安全安心町づくり集会に来賓として出席させていただきました。  この安全安心集会は、過去、町内に暴力団の組事務所し、平成17年から暴力団追放運動として行っているものです。  現在も過去に組事務所として使用していた住宅には、時々組関係者の出入りがあり、毎年7月と11月の全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成24年度 第3回 あわじ島歌人クラブ 通信歌会

 あわじ島歌人クラブ通信歌会で2首発表しました。  一首目は9月30日、台風17号の接近で昼間は嵐でしたが午後六時すぎには天気が回復し、展中には中秋の名月、その下で快く走ることができました。  嵐過ぎ名月の下(もと)ランニング森羅万象感謝を捧ぐ    二首目は11月14日、淡路島で恒例となったロングライド150が開催…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権利、義務、批判、自由の持つ意味を考える。

 10月24日の新聞報道において、橋下大阪市長の出自を題材にした、週刊朝日の連載打ち切りに関して、橋下氏とメディアの関係に問題はないのか。との内容の記事がありました。  この記事の中で上智大学の田島泰教授(メディア法)は、橋下氏の取材拒否を問題視する。として次のように論じています。  「政治家は、市民の知る権利にこたえる義務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城下町洲本レトロな町歩き

 10月20日 城下町洲本レトロな町歩き。町家、空家を店舗やパフォーマンス会場に活用して町を活性化しようとするイベントです。  私も警備ボランティアとして参加しました。  町歩きイベントは、町を活性化しようと、志をを持ったボランティアによって、支えられています。  多くの男女有志が黄色のポロシャツを着た、「見守り隊」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフターロングライド150を楽しむ。

 14日 淡路島ロングライド150をフイニッシュしました。  大会本部のあるメイン会場エリアで、関西ご当地グルメ博in淡路島が開催されていて、アワイチでダメージした身体にエネルギーを補給しました。      かつめし、と鳥肉入りのペルシャのサンドを食べました。  早朝からサイクリングを堪能し、最後に旨いもんを堪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路島ロングライド150を楽しみました。

   朝5時過ぎに洲本の家を出て国営明石海峡公園のスタート地点へ。5時45分にスタートした先頭グループを見ながら駐車場に、最終の13組に並び、6時45分にスタートしました。  洲本までの区間で信号で大渋滞、予定より30分遅れの8時30分に洲本港エイドに到着, 豚汁をいただきました。 8時45分に出発しましたが、洲本市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路島ロングライド150前日

 10月13日 午後から淡路島国営明石海峡公園に淡路島ロングライド150の受付に行ってきました。 前夜祭の準備中でしたが、私は古事記(ふることふみ)の一日を観るために夢舞台野外劇場に移動しました。  神戸電子専門学校ビューティフル・エコーと松村組のステージを楽しんだ後、岩屋で最近オープンした、Bikers Cafe チルコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本が世界に誇る二人のランナー

 ノーベル文学賞の最有力候補だった村上春樹さんでしたが、受賞は中国の「言うなかれ」をペンネームにした、莫言さんに受賞が決まりました。  しかし中国でも熱烈な「ハルキスト」が多くいるようで、インターネット上では「村上さんの受賞が正当」などとする書き込みも多いようです。  私が読んだ村上春樹さんの本は、5年前に出会った「走ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊弉諾神宮へきなさい、みなさい。

 淡路島における古事記編纂1300年記念事業の中心である伊弉諾神宮。  お祭りする神様は古事記に記されている国産み、神産みを成された男神、伊弉諾尊と女神、伊弉冉尊です。  淡路島の洲本市にBOOKS成錦堂という本屋さんがあります。そこの社長さんからおもしろい言葉を教えていただきました。  淡路多賀一宮のいざなぎ神宮は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more